スポンサード リンク

2013年07月14日

熱中症体験者の証言に隠された熱中症の意外な盲点

7月14日放送の健康カプセル!ゲンキの時間は熱中症スペシャル前編です。
「体験者は語る!熱中症の危険な落とし穴」

熱中症は自分で気が付かない。その時は重症化しているケースがあることが問題である。

・普段あまり外に出ない人の場合、急な外出時に熱中症を引き起こしやすい
  毎日外に出ている人でもトータル時間を計算してみると屋外にいる時間は長くないこともある
  普段より長い時間外にいるという状況も注意が必要
・高齢者は暑さに気が付きにくい

元気チャレンジャーで実験です。
”60代3人”、”20代3人”で人工気候室で少しずつ温度を上げていきどれくらいで暑く感じるかを検証
1.部屋の中には太陽がわりの照明を設置
2.暑いと感じたら上着を脱いで貰う
  それでも暑ければうちわであおぐ

20代チームは1人が27℃で上着を脱ぎ、28℃で残り2人も上着を脱いだ
体感温度を聞くと実際の温度とあまり差がなかった

60代チームは2人が30℃で上着を脱ぎ残り1人は32℃になっても暑さを感じていなかったので
危険と判断し実験終了。体感温度を聞くと24〜25℃と答えていました。実温度と6℃も差がありました。

加齢と共に皮膚の感覚が鈍くなるため暑さを感じにくくなる
暑さに気が付かなくても体温は上がっている
体温が上がっていることに気が付かないことが非常に重要

人間の身体には体温を37℃前後に保つ仕組みがあります
脳が暑いと感じると2つの方法で体温を下げようとします
・血管を拡張して血流量を増やし皮膚表面の温度を上げて外気に熱を逃がす
・汗を出して蒸発したときの気化熱で身体を冷やす

しかし、加齢によって暑さを感じにくいと体温調整機能がうまく働かず熱を逃がせなくなります

熱中症にならないようにするためには感覚だけに頼らず早めの対策が必要です。

暑さの感じ方は年齢による差だけでなく気温・湿度・輻射熱・気流の組み合わせでも変わります

熱中症の応急処置は、
・涼しい場所に移して身体を冷やし水分を補給する
・意識がない場合は救急車を呼ぶ


体温が40℃になると重要な臓器や脳に障害が出始めて
42℃を超えると命を落とす危険
も出てきます

熱中症対策で「ミラクール」という塗るだけで表面の温度を下げることが出来る特殊な塗料があります




家の中で出来る熱中症対策は?
・効率よく風を入れるために北側の窓を少しだけ開き風邪の出口を大きく開ける
 ※風邪の入口が小さいと風速が早くなるので北からの涼しい風を効率よく入れられる

・すだれやよしずは窓から話して日陰を多く作ることがポイント
 ※輻射熱を入れないようにするため




「自分は大丈夫」が危険なジワジワ型熱中症
暑さそのものにやられる、あるいは強い日射しにやられる
元気だけど何日間も暑い中で頑張ると熱中症の発症症状として出てくる
(暑さによる疲労が蓄積)

体力が落ちていることに気が付かないのが危険
毎日同じ生活をしていても暑さで体力が落ちています
食生活の乱れや睡眠不足などでその日のうちに疲れを回復しにくい
(熱帯夜でグッスリ眠れない)
突然症状が現れることがあります


夏バテだと思ってあまり気にしていないとどんどん疲労が蓄積され最後に大きな症状として
最終的にジワジワ型の熱中症になります
最初の頃は夏バテと思っていいが、ちゃんと食事や水分を摂らないと
身体が衰弱していることに気づかず発見が遅れ重症化する場合がある
熱中症でなくなる多くがこのパターンです
posted by ひらぴー at 11:03 | Comment(0) | ゲンキの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

通風・リウマチから身を守れ!

健康カプセル!ゲンキの時間7月7日放送は
痛風・リウマチから身を守れ!でした。

痛風予備軍は600万人以上で成人男性の5人に1人です。
痛風の原因とされる「プリン体」は人間が生きていく上で
必要不可欠な物です。様々な食材に含まれ、
摂りすぎると身体に悪影響を及ぼします。

次の食材でプリン体の多い順は?
1位:鶏のレバー=プリン体含有量(100g中)312mg
   肝臓などの細胞は細胞の数が多くプリン体も多い
  ※カニミソ=プリン体含有量(100g中)152mg
   白子=プリン体含有量(100g中)306mg

2位:アジの干物=プリン体含有量(100g中)246mg
  ※サバ=プリン体含有量(100g中)122mg
   サンマ=プリン体含有量(100g中)155mg
   イワシ=プリン体含有量(100g中)210mg
   マグロ=プリン体含有量(100g中)157mg
   カツオ=プリン体含有量(100g中)211mg
   大正エビ=プリン体含有量(100g中)273mg
   ヤリイカ=プリン体含有量(100g中)161mg

3位:豚ロース=プリン体含有量(100g中)91mg
   肉の場合細胞が使っている筋肉に多く含み、脂身部分には
   ほとんど含まれません。
  ※豚ヒレ=プリン体含有量(100g中)120mg
   ささみ=プリン体含有量(100g中)154mg
   豚バラ=プリン体含有量(100g中)75mg
   牛カルビ=プリン体含有量(100g中)77mg

4位:イクラ=プリン体含有量(100g中)3.7mg
   イクラは一粒が比較的大きいためプリン体は少ない
  ※たらこ=プリン体含有量(100g中)120mg
   数の子=プリン体含有量(100g中)21.9mg

5位:プリン=プリン体含有量(100g中)ほぼ0mg
   卵に含まれるプリン体は一つ

※プリン体は一つの細胞に一つしかありません


プリン体は焼酎とかウイスキーにはほとんど含まれていない。
 ビール=プリン体含有量(100ml中)5mg
 焼酎=プリン体含有量(100ml中)0mg
 ウイスキー=プリン体含有量(100ml中)0.1mg
だが、アルコール自体が尿酸値を上げます

尿酸とは、体内や食物に含まれるプリン体が分解して出来る物質
尿と共に一定量のバランスで排出されます。
プリン体を摂りすぎると大量の尿酸が体内に残ってしまいます。

アルコールは、尿酸の生産を高め、排出を妨げる作用があり
生産と排出のバランスが崩れ、尿酸が体内に蓄積されてしまう。

尿酸の濃度を表した物が尿酸値です。
この数値が高くなれば痛風になってもおかしくない状態になります。

尿酸値のデッドラインは『7.0』

番組でガレッジセールの川田の尿酸値を測定すると”8.3”もあったが
痛風にはなっていない。なぜか?
痛風の症状が現れるにはあるきっかけがあります。そのきっかけとは?
「捻挫」「突き指」です。

痛風は結晶化した尿酸は関節に溜まるが痛みは発生しないが
捻挫や突き指などの衝撃で結晶化した尿酸がはがれるのが原因です。
ただし、血症が痛みを発生するのではなく、白血球が尿酸を異物とみなし
攻撃するが量が多すぎて白血球が除去できず炎症原因となる物質を排出し
それが原因となって痛みを発症します。

尿酸値が”7.0”以上の人は痛風になる爆弾を抱えていることになります。

尿酸値の高い人は硬い靴を履くこと、ゴルフをすることでも発症の可能性がある。

尿酸値が高いままだと合併症を引き起こすことがある。
腎機能障害、心筋梗塞、脳梗塞

痛風の予防対策
・正しい生活習慣
・肥満の解消
・1日2リットルの目安で水を飲む
・海藻や野菜類は尿酸値を下げる効果がある
・ウォーキングなどの有酸素運動は尿酸値を下げる効果がある


リウマチとはどういうものか?
関節リウマチは関節の中の滑膜に炎症が起きる病気
免疫物質に異常が起き、自分の身体を攻撃してしまう。
すると骨が破壊され関節に変形が生じる。

女性に多い理由はまだ解明されていないが
ホルモンが関係していると言われています。

リウマチは早期発見が鍵になります。
次の3つの症状で一つでもあてはまるものがあれば病院で検査して貰って下さい。
・朝、手にこわばりがある
・どこかの関節の腫れが続いている
・関節の腫れ、痛みが2ヶ所以上ある

posted by ひらぴー at 10:45 | Comment(0) | ゲンキの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

頭脳派ダイエット術!?太る脳をコントロール!

太る脳とはやみつきになることです。
一度食べ始めたら止まらなくなる物ありますよね?
それって「やみつき」=「太る脳」ですね・・・

じゃぁ、やみつきのメカニズムを調べてみましょう。
基本の味@甘味、A塩味、B酸味、C苦味、D旨味
の5つです。

味覚センサーで実験
「ツナマヨご飯」
@甘味=3、A塩味=3.5、B酸味=1.3、C苦味=0、D旨味=3
甘いのとしょっぱいのが非常に強い
(ご飯の甘味、ツナマヨの塩味が強い)

「炭酸飲料とスナック菓子」
@甘味=3.8、A塩味=3.8、B酸味=1.3、C苦味=0.3、D旨味=1.2
ツナマヨご飯以上に甘いのとしょっぱいのが出ています

塩味はしょっぱい刺激だけど、甘味と旨味で緩和され
もっと刺激が欲しくなるのが「やみつき」なんです。

やみつきの黄金比
甘味1:塩味1(同じ比率)です
しかも、味が濃くなるほど止まらなくなるんです!(中毒)


脳科学の先生に聞くと
脳というのは同じ味のものだけを食べると
本当はお腹が一杯じゃないのにお腹いっぱいと思ってしまう。
一種の勘違いをするそうです。
※学問用語で”感覚特異性満腹”と言うそうです。

脳には「摂食中枢」と「満腹中枢」があり、
同じ味のものばかりを食べると満腹中枢が働き
”感覚特異性満腹”になるそうです。

甘味と塩味と言った異なる味を一緒に食べると
刺激が複雑になった分”感覚特異性満腹”が起きにくくなる。
そうするとお腹が一杯でも食べたいという欲求が生じる。

甘味+塩味で脳が誤作動を起こしてしまいます。
「塩大福」「塩キャラメル」「チョコレート菓子」など


やみつきになるもう一つの要素が
「βエンドルフィン」という快楽物質で
甘味+油を一緒にとると、おいしさを引き立ち
βエンドルフィンが活性化する。


さらに
甘味+酸味も禁断の組み合わせです。
「ショートケーキ」「スパゲッティ(ナポリタン)」
「オムライス」「ピザ」などです。


以上のことから
『甘味+塩味』『甘味+油』『甘味+酸味』脳内麻薬なので
食べ過ぎに注意しなければなりません。

これらは味が強い(濃い味)ので薄味になれればやみつきにはらずに
健康的に食べられるそうですが、おそらく一度食べ始めると
止まらなくなるので食べないことが一番重要だと思います(^^;)


やみつきにならないための基本は「薄味」?
薄味は食べ過ぎを防ぐ重要な要因になる
シンプルな味は良いがストイックになりすぎると
 逆にストレスになることもあるので注意しましょう。
(グリーンサラダ ⇒ シーザーサラダ)

※味や香りが単調では満足感を得られず反動で食べ過ぎになる

多少カロリーが上がっても満足感が得られ、食べ過ぎを防ぐことが出来る


『太る脳』になる要因は特に「ストレス」です
『太る脳チェック』があるので調べてみましょう
(○、×で診断)
1.テレビや雑誌を見ながら食べることがある
2.夢中になれる趣味がない
3.イヤなことがあると引きずる方だ
4.コンビニに行くとお菓子コーナーに行ってしまう
5.お腹いっぱいでもデザートは食べてしまう


テレビや雑誌を見ながら食べると食事に集中出来ないので注意!
趣味がない人やイヤなことを引きずる人はストレスを発散出来ないので注意!
(食べることでストレスを発散してしまいがち)
お菓子やデザートなど我慢できない人は欲望に負けやすいので注意!

「○が3つ以上だと太る脳の可能性が高い」と言うことです


太る脳だとどうしたらいいの?
食べ方にちょっとした工夫をしたら肥満になりにくい方法があるんだって

・食べ過ぎを防ぐために食前に「無酸素運動」(腕立てやスクワットなど)
 無酸素運動で体内のアドレナリンを分泌し肝臓に糖が出来る
 (食べなくても一時的に血糖値が上昇し食欲を抑えられる)
※高血圧症の人は注意が必要です

有酸素運動は血糖値を下げる効果があるので食後に行うと
糖尿病の予防や改善に効果的です


・番茶(緑茶の一種でカフェイン含有量が少ない)
 ポリサッカライドが脂肪吸収を抑制

脂肪吸収をより抑えるには濃い番茶が良いので
「水出し冷番茶」がオススメです。
(お湯で出すよりも一晩かけて出した番茶の方が濃い)

お湯だし(5分)=0.65mg/ml
水出し(一晩) =1.65mg/ml

のポリサッカライドの抽出量の差があります。

緑茶やウーロン茶にも含まれるがカフェインが多いので
夜飲むにはオススメできません


・良く噛むことでダイエットに有効なセロトニンが分泌され
 早めに満腹感を得られます。
 さらに、食べる前に手拍子をするとより効果的です。

セロトニンは安らぎや幸福感を生むホルモンなので
リズミカルな運動によってセロトニンが分泌され
早めに満腹感を得られます。

※ひと口20〜30回は噛んで食べましょう
posted by ひらぴー at 11:01 | Comment(0) | ゲンキの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。